歯周病治療が出来ないといけません


保険治療では、歯周病の治療を全て外科で行ないます。
歯石を取ったり、ブラッシングをしたり、歯の表面に付いた汚れを取るために、麻酔をして切ったりします。
確かにそれらは、歯周病の原因である菌の生息場所を減らす効果がありますが、根本治療ではありません。
ですので、保険で歯周病の治療を行なっても、一時的には良くなりますが、時間が経過するとまた再発することが良くあります。
それは、歯周病の原因が目に見えない最近であることを理解していないからです。

gum

細菌は、口の中のあらゆる場所に生息しています。
歯の表面はもちろんですが、舌の表面にある溝の中や、歯と歯ぐきの間にあるポケットの内部、空気の届かない粘膜の影などです。
このようなところは、殺菌作用のある薬を使っても、充分に薬剤の効果を発揮することが難しく、細菌が生き残る可能性が高いのです。
歯石は確かに細菌の生息場所ですので、出来るだけ取り除かなくてはいけませんが、その後で口の中に散らばった細菌を殺菌しておく必要があります。
そういったことまでを理解して歯周病治療を行なわなくては、予防効果も殆ど出てこないのです。
ただし、保険外の治療を含むので、歯周病の根本的な処置を望むなら、治療費も含めて先生の説明を良く聞きましょう。

photo by: lincoln-log

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:予防の実際

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ