何故か肌の調子が・・・




肌と密接に関係するのは肝臓です。
肝臓の働きが鈍ると、途端に肌の調子が悪くなります。
もちろん血行不良も良くありませんし、運動不足、寝不足も大敵ですね。

口の中を清潔に保つと、まず雑菌が減ります。
雑菌と言うのは、体内の免疫が処理するのですが、あまりに雑菌が多いと、常に身体のあちこちで炎症が発生します。

炎症が起こると、いろいろな物質が産生されて、死んだ細胞を溶かしたり、雑菌と戦ったりして体力を消耗します。
風邪を引くと発熱して体力が落ちますよね。それと同じことです。
ただ、炎症のレベルが低いので普段は気がつかないだけです。しかし内臓には確実にストレスや疲労が蓄積していきます。

まず、口の中を綺麗にするだけで、余計な雑菌が減って炎症がなくなります。すると免疫に重要な役割をしてる肝臓の負担が減るのです。
肝機能が向上すると、自然と肌の調子は良くなりますし、血流も改善して、新陳代謝が早まります。

常に口の中を綺麗にすることで、自然回復力が上がり、それにともなって肌の調子も良くなるのです。

矯正治療を行なったり、インプラントで骨を補填したりすることで、骨の表面にある血管が増えて血流が増加することも、肌の調子が良くなる理由です。
予防歯科で行なう、口を清潔にするのは、免疫系に働きかけることで、身体が持ってる本来の回復力を取り戻すところが違いますね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:予防を行うと

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ