予防の開始時期




例えば、小さなお子さんは自分で予防を行おうと思いません。
やはり親が子供に対してむし歯や歯周病になって欲しくないと思います。

親がしっかりと自分の予防措置を行っていれば、子供もそうした環境に育つことになります。

子供の口の中と言うのは、だいたい2歳から3歳の間で決まります。
将来、その子供がむし歯がおおく発生するのか、歯周病になるのかが決まるのがその年齢です。
そして、その決定要因の大半は親です。

歯周病やむし歯と言うのは、原因菌が決まっています。その菌をもらうのは一緒に生活してる人からもらうことが圧倒的におおくなります。
ということは、子供は親から、親はさらに自分の両親から口の中の菌をもらうのです。

自分の両親や祖父母を思い出してみてください。
早くに歯を失ってる人が多ければ、自分もそうなります。歯周病やむし歯菌をもらってしまうからです。
両親共に歯が丈夫で歯並びも綺麗であれば、自分もそうなる確立が高いですね。

ただし、一人暮らしを始めたり、生活環境が変わると、口の中も変わります。
多いのは、地方から都会に出てきて就職したばかりの人や大学生になった人ですが、5月くらいから一気にむし歯が増えます。
ストレスや付き合う人間が変わって、口の中が変化したためです。

どんなに気をつけていても、口の中は外界と通じてるので、いろいろなものを取り込みます。
環境が大きく変わったときは虫歯や歯周病が進行しやすい時期だと知っておいてください。

予防は、そういう意味ではいつ開始しても良いのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:予防の種類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ