咬み合わせが重要です


人の歯は、かみ合うことで位置を正しています。
一本でも歯が無くなると、すぐに隣の歯が移動してきて、間を埋めてしまいます。
歯と言うのは常に隣どうして押し合い、その位置を保とうとしているのです。

咬み合わせが悪ければ虫歯にもなりますし、歯周病も進みやすくなります。
歯並びと咬み合わせと言うのは、口の中の健康を維持する上で非常に重要な要素なのです。
上下の歯が正しくかみ合っていなければ、食べ物を咀嚼する効率も悪くなり、内臓にも負担がかかります。
しっかりと噛みしめることが出来れば、身体全身の力も向上し、体力を維持しやすくなるのです。

Pencil Biting
入れ歯の人は、歯がある人に比べると筋力が衰えてしまうので、歳を取ると足腰が早く弱ります。
歯を失う前に予防を行い、将来の歯の喪失を防ぐことが、健康で長生きする秘訣ですね。

噛みしめる刺激と言うのは、脳への刺激にもなり、ボケ防止につながっていることが分かっています。
物をかむ力というのは、大人の男性では70kg以上でかんでいますから、それに耐えられる骨と歯が必要です。
一本でも失うと、咬む機能は何十%も下がってしまうのです。

歯周病やむし歯で歯を失ってしまうのはありますが、それを放置してはいけません。
出来るだけ早期に治療を受けましょう。正しい歯の位置と咬み合わせを維持すれば、全身の機能も維持することが出来ます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:予防の実際

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ