歯並びを治す


歯並びの綺麗な人は、汚れも少なくむし歯や歯周病もあまりありません。
傾向的な問題なので、全員がそうとは言えませんが、少なくとも歯並びが悪い人はむし歯の発生も多くなります。
これは虫歯菌や歯周病菌の住み着く場所が多くあり、歯ブラシも充分には届かないので、それらを取り除けないためです。
予防治療では、歯周病菌、虫歯菌の住み着く場所を減らしていかなくてはいけません。
あまりに歯並びが悪いと、予防の効果も不十分になってしまいます。

Adventures in Orthodontics, Part 5; or, 1 year, 1 month, 10 days
場合によっては矯正治療を行なう必要もあります。
歯並びが原因で歯周病、むし歯がおおく出来るのであれば、まず歯並びを治しましょう。
全体的に治すのは大変ですが、数歯だけを動かす部分矯正という方法もあります。
前歯だけ、奥歯の一本だけを治すだけでむし歯の発生や歯周病の進行が食い止められるのであれば、ぜひ行ないましょう。
全部の歯を動かすのに比べたら費用も安く済みますし、治療期間もかなり短くなります。

歯は、上下の歯が正しい位置にあることで、食事のたびに表面が強くこすられて汚れが押し流されます。
位置が悪いと、汚れを押し流す力が正しくかからないので、あちこちに汚れがこびりついたまま、残ってしまいます。
食事は栄養補給だけでなく、歯の表面を綺麗にする意味もあるのです。

photo by: bluebike

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:予防の実際

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ